Sales
営業

「単なる営業でなく、コンサルタントとして」
クライアント様のため、サービス利用推進に励む営業部を紹介します。

  • リーダー
    K・Yさん

  • メンバー
    Y・Kさん

  • メンバー
    K・Nさん

インタビュー風景

入社のきっかけは?

K・Yさん

K・Yさん

入社のきっかけは、自分が「保険相談ニアエルの利用者(クライアント様側)」だったからですね。
執行役員と仲が良かったのでよく食事をしながら、今後の業界のことやキャリアについて話をしていて、その中で「何か一緒に大きなことやりたいよねー」「タイミングが来たらねー」ていうのを数年前から話していて、まさに「そのタイミングが来た」ので、ジョインしました。
Y・Kさん

Y・Kさん

僕はですね、リーダーのK・Yさんがいたからですね。
K・Nさん

K・Nさん

おおー!熱い!笑
Y・Kさん

Y・Kさん

ほんとにきっかけはそれですね。
元々10年以上の付き合いはあって、ただ、一緒に仕事はしたことはなくて、いつか一緒に仕事ができればいいねっと話してました。
たまたま僕もこの先のことを考えてるタイミングで、大きな事をやりたいっていう話をしていたら「色々なポジションで新しいチャレンジができそう」って感じたんですよ。
これまで保険を売るとか、販売促進のサポートをしたり、あとは保険にまつわるメディアを展開したり、保険業界でも幅広く経験してきました。それが、「あ!ここだと全部できるし、もっとチャレンジできるじゃん!」って感じたのが一番大きいですね。
K・Nさん

K・Nさん

私は元々、LHLの前身のLIFULL FinTechにコールセンターの派遣スタッフとして働いていました。
で、派遣契約は満了したんですが、LIFULL FinTechが働きやすい職場だったので、ダメもとで入社意志を伝えました。

営業部が任されているLHL内での役割は?

K・Yさん

K・Yさん

簡潔に言うと、10年後を見据えた仕事をすることです。
我々が掲げているビジョン(保険のプラットフォーム)を目指して、クライアント様が「保険相談ニアエル」の仕組みやシステム、ルールを正しく理解し、活用していただき、結果としてエンドユーザーに喜んでいただけるよう、仕事をしているっていうところですね。
それは保険代理店に限らず、保険会社だったりとか保険に関わるすべての人たちに、我々のニアエルのサービスを様々な形で届けるってことが10年先を考える中のミッションの一つですかね。
インタビュー風景
インタビュー風景

ニアエルをクライアント様にアピールする際のポイントは?

K・Yさん

K・Yさん

一番大事にしてるのは、「クライアント様の為に何ができるか」というコンサルティング。営業部だけど商品やサービスを「売りつける」ことはないんです。
相手の話や要件、ニーズをしっかりと聴くっていうのが一番大事で、それに対して商品やサービスだけでなく、我々の想いを理解してもらう為に、正しく誠実にお伝えするということを心がけています。
Y・Kさん

Y・Kさん

まずはヒアリングです。モヤっとしている要件や欲求の場合も多いので、それをお客様と話して、抽出して、整理していきます。クライアント様の悩みやニーズを、僕たちのサービスだけで解決するのではなく、さまざまなパートナーを紹介しながらチームLHLで解決していきたいなって、思います。
僕たちはクライアント様とエンドユーザー、パートナーにとっての「ハブ」になりたいと思ってます。
K・Nさん

K・Nさん

私は内勤で、電話でのクライアント様のサポートとコールセンターの管理がメインなので、クライアント様に直接、お会いする機会がほとんどないんです。
顔が見えないからこそ電話で相手の話をしっかり聴くことと、丁寧に対応することを心がけています。
「LHLに電話したら私がいるから大丈夫」という安心感を持っていただけるようがんばっています。

LHLでの営業をする上で、やりがいは?

Y・Kさん

Y・Kさん

形がなくて、これから作っていけるっていうのは大きいですよね。
業界のスタンダードみたいなものが作れる可能性もあると思っていて。でもそれって親会社の日本生命のパワーも大きいのかなって思っています。そういった影響力をもって、いろんなところに働きかけができるっていうのが魅力ですね。
K・Yさん

K・Yさん

コンサルっていうのも形の決まったコンサルではないので、今後自分がやりたい事を形にできるチャンスがいっぱい転がっているのかな。消化不良だったらどうぞいらしてください!って感じ(笑)。
アグレッシブな人にこそ来て頂きたいですね。
K・Nさん

K・Nさん

前身のLIFULL FinTechの時は、従業員がまだ10人くらいしかいなかったので、それぞれの責任が大きかったり広かったりで、0→1の段階を経験できたので、そこでノウハウをずいぶん身に付けられました。
事業の立上げ当初から関わらせていただきましたが、すごくやりがいもありました。
このサービスが大きくなっていくのを見ていける、そこに携われるのはとても魅力的だと思います。
インタビュー風景
インタビュー風景

LHLの営業部で働く魅力

K・Yさん

K・Yさん

働く魅力っていうよりは、働いて得るものが大きいかなと思ってます。
営業部はクライアント様とエンドユーザーの両方を見て仕事をしているので、その人達からの感謝をいただくことやクライアント様の成長の過程を見れることとか、すごく得られるものが大きい。
保険業界を変えられる・自分たちでルールを作っていける可能性があるのも大きいですね。それを楽しいとか喜びだ、やりがいがあると思える人にはすごく良い職場だと思います。
さっきも言ってたけど我々は社内においても情報ハブなんですよ。
開発部が実装したサービスも、効果が上がったマーケティング部の施策も、クライアント様は「誰がやったのか」知らない訳です。「うちのマーケティング部や開発部は凄いだろ!?」っていうのもちゃんと伝えていきたいと思います。

Join us!!

現在、株式会社LHLでは、サービスのグロースを共にすすめていただけるメンバーを募集中です。
詳細はエントリーページ(別ページに移動します。)よりご確認ください。

ご応募おまちしています!