Designer
デザイナー

開発グループのエンジニア達とともにLHLのサービスを支えるデザイナー陣。
「保険相談ニアエル」・「保険ノリアル」のデザイン・UI・フロントエンドの現場を紹介します。

  • メンバー
    K・Hさん

  • メンバー
    K・Nさん

インタビュー風景

入社を決めたポイント・入社後のギャップは?

K・Hさん

K・Hさん

前職では、スマートフォンアプリ開発の受託会社で画面デザイン等を担当していました。
自社で継続的なサービス改善していく仕事をしたくて転職活動をしていたのですが、LHLでの面接の印象がすごくよかった事を覚えています。担当の方が同じ受託系の会社出身で、当時の僕の話をすごく親身に聞いてくれて、目線を合わせて会話してくれていたのが印象に残っていて。この会社であれば、コミュニケーションも密にとりあって安心して仕事に取り組めるんじゃないかなと思いまして、入社を決めました。
入社後のネガティブなギャップは全くなかったです。セキュリティ面の対策や福利厚生の取り組みなど、前職にくらべて環境がしっかりしていて充実しているなと感じました。
K・Nさん

K・Nさん

前職では派遣先のプロジェクトでデザイナーとして働いていて、「依頼されたものを制作するまでが仕事の業務範囲」のような、すごくオペレーターライクな仕事でした。10年後、20年後を見据えた時に同じ働き方は続けられないなと思ったのが転職のきっかけです。
その後、転職活動をおこなっているなかで、一つのサービスに深く関わって開発経験をつみたい思いがあって、LHLでは自社サービスの制作・開発を一貫して行なっているので、自分の希望に近い働き方ができる会社なのかな、と。また、効果測定やアクセス解析などマーケティング領域とも関わりが強くて、様々な経験がつめることも魅力的に感じました。
ただ、一番は「今のデザイナーが、働くのが楽しいって言ってくれていて嬉しい」という取締役のエピソードを聞いたことですね。
webデザイナーとして入社したのですが、社内ツールとして紙媒体のデザインなどに取り組む機会もいただけて、web以外にも様々な領域に携われるのは良い意味でのギャップだったと思います。

制作グループのLHL内での役割はなんですか?

K・Hさん

K・Hさん

LHLが運営している各サービスの画面設計・デザインから、フロント側の実装までが基本的な業務範囲です。また、webデザインだけでなく、サービスやコーポレートのロゴ・名刺や封筒などのツールも含めた社内のデザイン業務全般を任されています。
司会
同じ開発部のエンジニアメンバーとはどのように業務の住み分けをしていますか?
K・Hさん

K・Hさん

デザイナーはフロントエンドの実装までが業務範囲なので、DBやプログラムの実装が発生する案件については、開発グループのエンジニアと連携しています。
直近の事例では、Python / Djangoの導入で大規模なバックグラウンドのリプレイスに制作グループ全体で携わりましたが、新しく採用したHTML生成用のテンプレート(pug)を使って、どうやったらスムーズに運用を移行していけるか、エンジニアサイドと協議をしながら、今のチームに最適な運用を模索しつつすすめています。
インタビュー風景
インタビュー風景

デザインで心がけていることは?

K・Nさん

K・Nさん

余白や行間、配色のチョイス一つとっても、デザインの意図が伝わるように意識しています。また、手配される仕様書やWFの要件通りに行うだけでなく、キャッチコピーや構成の再提案やブラッシュアップも行うようにしています。
手を動かすのも大事だと思うのですが、より最適な表現を模索するためにinputを積極的に行なって、よく考えて制作をするということを大事にしてます。
司会
inputの話がでましたが、情報収集はいつもどうやっていますか?
K・Nさん

K・Nさん

Pinterestやtwitterで情報収集することが多いですかね。
また、新宿にオフィスがあるおかげで、ショップやギャラリーのポスターやデザインが街に溢れているので、そこを眺めるのも勉強になっているかもしれません。
書籍もたくさんあるのですが、「けっきょく、よはく。 」という本が印象にのこってます。情報を詰め込まずにスッキリ見せる表現の事例がたくさんのっていて、デザイナー以外にもおすすめしたいですね。
ちなみにK・Hさんはデザインで心がけている点はありますか?
K・Hさん

K・Hさん

けっきょく、あれだよね。余白だよね(笑)。いや、冗談じゃなく余白大事だと思います。
inputに関しては、僕もwebでの情報収集が多いです。保険やFintechなどの業務と近しい領域だけだと発想が固まってしまうので、他のジャンルのデザインを意識して見るようにしています。
それ以外だと、webデザインではないのですが、他社のチラシや封筒・DMなどのSPツールは、いつでも参考にできるようにストックしています。

実装面での工夫は?

K・Hさん

K・Hさん

現状の仕様のみを対象とするのでなく、拡張や変化にも耐えうる実装になるように心がけています。また、改修時に影響範囲を限定するため、スタイルの切り出し方には気を使っています。最終的にはテスト・目視チェックも怠らないようにしています。
また、別のメンバーが推進した取り組みなのですが、アトミックデザインの導入を行い、実装のばらつきを抑えるようにチーム内で試行錯誤しています。
K・Nさん

K・Nさん

将来的な変更の可能性を意識して実装を行う癖がついたのは、LHLに来てデザインレビューを受けてからかもしれません。自分でも注意するようになりました。

これまでのプロジェクトで心に残っていることは?

K・Hさん

K・Hさん

デザインチーム主導で、Sass(SCSS)というcssプリプロセッサの導入を行なったのですが、色々と苦労も多くて心に残ってますね。
それまではプロジェクトが進むたびにcssが肥大化して管理しづらい状態でした。記述が重複して改修が正確に反映されなかったり、除去したスタイルがどこかに生きていたり。
それらを解決するために導入を決めたのですが、ファイルやディレクトリ管理・プリプロセッサの選定など、導入前の設計部分で非常に苦労しました。
ただ、その後のスタイル管理は非常にシンプルで効率的になったので、とても実りの多いプロジェクトだったな、と思っています。参考資料や先行事例が多い事もあって、数あるプリプロセッサの中からSassの導入を決めたのですが、運用開始後も大きなトラブルもなく現在まで継続できています。
K・Nさん

K・Nさん

私は、社内ツールとして封筒を制作したのが心に残っています。
LHLとしてどのようなデザインがふさわしいのか、社内の様々な方と議論を重ねてデザインしていたのですが、なかなかプロジェクト内でも意見がまとめられなくてデザイン案が決まらず、苦労しました。
K・Hさんからいただいたアドバイスもあって、コンセプトを検討しなおしてプレゼンを行うことで、最終的に関係者全員が納得したデザインを形にすることができました。他者に情報共有していく重要性やコンセプトや意図を明示することで関係者の合意形成をスムーズにしていくやり方など、非常にいい経験になったと思います。
インタビュー風景
インタビュー風景

業務外のプロジェクトについて

K・Nさん

K・Nさん

LHLでは、社会貢献への目標として「vision」を掲げていて、それを達成する行動指針として「value」の策定を去年行ないました。私は現在、そのvalueを社内で浸透させるプロジェクトに参加していまして、デザイナーとして貢献できる領域を模索しています。
現在進行中の内容としては、ノートやカード、オリジナルペットボトルのラベルなど、様々なノベルティアイテムの制作にとりかかっています。ペットボトルのラベルは結構コストもバカにならなくて大変なのですが(笑)。プロジェクトメンバーと共に調査・検討しながらすすめてます。
他にも、福利厚生の一環でオフィスおかんの導入を進めたり、周りでも色々な業務外プロジェクトが進行しています。自分の意欲や主体性次第で色々な領域に参加することができる環境だな、と思います。

今後チャレンジしていきたい事は?

K・Hさん

K・Hさん

LHLが提供しているサービスの一つ「保険相談ニアエル」には、掲載されている保険代理店様が利用する管理ページ・基幹システムがあるのですが、まだまだ使いやすいとは言い切れない機能や画面になっているように感じていて、説明や但し書きなしでも扱いやすい、より直感的なデザインに改修したいな、という目標があります。
わりとバックグラウンド側が複雑化してしまっていて、デザインするにもすごく制約があったりするんです。やるとしたら結構な大工事になるとおもうのですが、リニューアルの機会があれば、一から取り組みたいですね。
K・Nさん

K・Nさん

是非、やってほしいです! 営業の人が、スマートフォンからも更新できるようにしてほしいって言ってました!
司会
サイトじゃなくてアプリ開発になるんですかね、API連携にして。 LHLだと実績がないのでイメージしづらいですが、モックアップ作ってデザイナー側からアウトプットの提案したら、社内の他部署も動きやすいんじゃないですか?
K・Hさん

K・Hさん

本当に大工事になっちゃいそうですね(笑)。がんばります。
K・Nさん

K・Nさん

私はvalueプロジェクトに絡んだ内容なのですが、オフィス内が簡素でシンプルな状態なので、LHLらしさに溢れた社内デザインをしてみたいです。ポスターとかの掲示物もそうですし、インテリアとかもデザインしてみたいです。ソファーをLHLのカラーリングにするとかだけでもだいぶ雰囲気変わってくるかと思うんですよね。
あと、経営陣からキャラクター作って欲しいってリクエストをいただいているので、時間を作ってチャレンジしていきたいです!
インタビュー風景
インタビュー風景

LHLの制作グループで働く魅力は?

K・Hさん

K・Hさん

webサービスのデザインが主な領域ではありますが、それに限らず会社内のあらゆるデザインに関われる幅広さが魅力だと思います。
ここで話した内容と重複しますが、SassやDjangoなど、新しい技術も積極的にとりいれていく柔軟な環境はクリエイターやエンジニアにとっては仕事がやりやすい環境といえるのではないでしょうか。
K・Nさん

K・Nさん

どこの部署にもスキルが際立ったエキスパートがいるので、やりたいと思った事を実現するのにノウハウや知見を集めやすいと思います。皆さん良い人ばかりで、相談しやすい環境でもありますね。
また、経営陣とも距離が近いので、しっかり意図を説明すれば全てとは言いませんが。やりたい事を叶えてくれる風通しのいい会社だとおもいます。

どんな人と働きたいですか?

K・Nさん

K・Nさん

自分の世界に集中して作業をするよりは、周りと主体的にコミュニケーションをとっていける人と働きたいですね。もし対話が苦手な人が入ってきた場合でも、私達の方から積極的にコミュニケーションをとって、カバーしていきたいです。
K・Hさん

K・Hさん

自分の知識や経験がない分野に長けている人と仕事をしたいですね。
たとえばマーケティングをからめたUX領域のノウハウがあるデザイナーと働きたいなと思います。ペルソナ設計やカスタマージャーニーマップからアウトプットを導き出したりとか、そういった経験を持った人が入ってくると、自身もチームも成長に繋がると思います。

Join us!!

現在、株式会社LHLでは、サービスのグロースを共にすすめていただけるメンバーを募集中です。
詳細はエントリーページ(別ページに移動します。)よりご確認ください。

ご応募おまちしています!