Engineer
エンジニア

LHLが提供するwebサービスをサーバサイドで支える開発エンジニア。
「保険相談ニアエル」・「保険ノリアル」の開発を下支えする現場について紹介します。

  • メンバー
    Y・Kさん

  • メンバー
    K・Yさん

  • メンバー
    T・Hさん

インタビュー風景

入社を決めたポイントは?また、入社後のギャップは?

Y・Kさん

Y・Kさん

前職ではエンドユーザーの事業所に客先常駐する形でSIをやっていました。SIの業務上、フェーズによってアサインから外れたり外部要因で色々な事業所を転々とすることもあって、腰を据えて自社サービスの開発に取り組めるところを探していて、保険やFintechの領域についても興味があって入社を決めました。
保険専門領域の知識が全くなかったので、入社前はとっつきづらい領域なのではないかという不安や身構えていた部分があったのですが、周囲の知識・経験豊富な先輩社員のフォローや新人研修などもあって、そこまで障壁になることなく業務に取り組むことができたのはよかったと思います。
K・Yさん

K・Yさん

僕はwebマーケやECサイト運用代行の会社でデザイナーをやっていました。そこでは、割とレガシーな環境のままで制作・運用をやっていて、新しい技術を取り入れやすい環境でなかったので、物足りなさやジレンマを感じていました。
LHLでは、そういった新しい技術や企画についてもチャレンジングで、挑戦することを良しとする社風なのかなと、面接を受ける中で感じまして。それが入社を決めたポイントだったかなと思います。
入社後のギャップで言えば、webサービスの自社開発企業だと制作や開発側のリソースにしわ寄せが来がちというか割とブラックな環境も多いのではないか?という不安もあったのですが、全くそんな事もなく、従業員にやさしい環境で、なおかつコンプライアンスがしっかりした会社でよかったです(笑)。
T・Hさん

T・Hさん

私も前職は客先常駐のエンジニアでした。様々な現場でインフラ構築やプロセス改善などをやっていて、手広くやっているのもよかったのですが、よりバックエンドにフォーカスしてキャリアを積んでいきたい希望があって、web関連の自社開発をやっている企業で転職先を探していました。先を見据えた開発言語への挑戦や開発チームの体制など魅力を感じる部分はありましたが、最終的には面接担当の方の人柄だったり、将来的なビジョンに共感を持って入社を決めました。
入社前は開発チームが全体的に若いので、現場も賑やかで騒がしいのかなと思っていたのですが、すごく集中して取り組める環境でありがたいなと思いました。そこが良い意味でギャップだったかなとおもいます。

開発グループのLHL内での役割はなんですか?

Y・Kさん

Y・Kさん

端的に言えば「もの作り・サイト全般のサービス開発」の実務で、サーバサイドのプログラムやDBなど、バックグラウンドを主な領域にしていますが、フロント周りもデザイナーと連携して調整することは多いです。
また、単にコードを書くこと、プログラムを組むことだけにとどまらず、営業部やマーケティング部とフラットに密接にコミュニケーションをとりながら、サービスの改善に繋がる取り組みをしています。
インタビュー風景
インタビュー風景

社内の開発環境について教えて?

T・Hさん

T・Hさん

開発言語は「PHP(CakePHP)」で、DBは「PostgreSQL」、webサーバーは「nginx」を利用しています。プロジェクト管理は「Redmine」、バージョン管理では「git」を利用して開発を行なっています。仮想環境は「Docker」を採用していて、個人個人の環境によるバラツキが発生しないようにしています。
今後の展開もみすえて、開発言語は「Python」へのリプレイスを絶賛対応中です。フレームワークは「Django」を採用しました。
「Python」は、自然言語処理・機械学習・データサイエンスなど様々な分野で使われていて非常に勢いがある言語です。「Django」に関しては、海外ではとても有名なフレームワークなのですが、国内に先行事例は多くないので会社の知名度をあげられる取り組みになるのではないか?という観点から、苦労は多いですが開発部全体でチャレンジしています。
K・Yさん

K・Yさん

私は主にフロントサイドを担当しているのでそちらを説明しますと、プロジェクトやバージョン管理の面では同様ですね。
「Python」への移行にともない、「pug」をテンプレートエンジンとしてリプレイス対応中です。CSS設計は「FLOCSS」と「アトミックデザイン」の併用で、実装はSass(SCSS)で記述しています。
一部、SPA(single-page application)でのコンテンツ開発を行なっていて、そちらについては「Nuxt.js」を導入して対応しています。JavaScriptでいえば、ES6へのバージョンアップに対応するために、babelを用いてレガシーブラウザ用のトランスパイル環境構築をすすめています。

前職と比べてLHLの開発で特徴的な点はありますか?

T・Hさん

T・Hさん

前職が客先常駐という働き方だったので、開発環境についての制約がとても多いというか、固定された現場が多かったです。自分のやりやすい環境構築や新しい技術への取り組みが全くと言っていいほど出来ませんでしたが、LHLの開発はMacで行なっているのも、そもそも新鮮でしたし、手順さえ踏めば新しい取り組みにも柔軟に受け入れてくれるところは本当にありがたいです。
また、別部署と共同でプロジェクトを進めることも多いので、希望すれば技術面以外のマーケティング領域のノウハウをつめることも魅力に感じました。開発部のエンジニアだからプログラミングだけをやるのではなく、時に採用に立ち会う事もあって、裁量をもたせていただけるので、やることの幅が広いのが非常に特徴的だと思います。

入社から今後のキャリアパス変遷について

K・Yさん

K・Yさん

僕はwebデザイナーとして入社して、デザインの案件にもアサインされましたが、これまでのキャリアやスキルセットから、ページの速度やパフォーマンス改善についての知見やノウハウを生かした方がチームの役に立てるかなと思ったところがあり、フロントエンドエンジニアよりの仕事を対応するようになりました。
具体的に言えば、画像やCSSの遅延読み込みやファーストビューのインライン化などを行なったのですが、これらは自分で提案して推進してきた取り組みでもあります。
そういった取り組みやフロント側の技術面をより深めていきたいという自分の希望について、上長も面談時によく理解してもらえて、フロントエンドエンジニアへのキャリアチェンジを決めました。個人の長所や関心なども踏まえて、キャリア変更も柔軟に受け入れてくれたので、すごくありがたかったです。
インタビュー風景
インタビュー風景

バックエンドのリプレイスについて教えて?

Y・Kさん

Y・Kさん

Python / Djangoについては、開発環境で少し話もでていましたが、国内での導入について先行事例が多くないけれども、機械学習やAIなどで注目を集めている言語・フレームワークで、技術領域で他社との差別化やアピールになることもあって、採用をすることになりました。
そもそも、僕自身も他のメンバーも全く知見のない状態で手探りですすめていたので、非常に時間がかかりました。各メンバーのスキル面でのばらつきもあるので、クオリティや足並みを揃えて開発を進めることに結構苦労しましたね。
T・Hさん

T・Hさん

専門的な話をすれば、cakePHPとDjangoは同じMVCモデルなので、構造としては似通った部分があるのですが、DB操作とか細かい部分だと全然ちがうお作法が必要になるんですよ。そう言った意味で、フレームワークの仕様に最適な記述を理解して実装に落とし込んでいくのが本当に大変でした。
ものすごく大変だったのですが、チームで開発を進める中でDjangoに精通するメンバーも出てきまして、「Djangoについては、この人に聞けばOK」みたいな個人の成長につながる部分が出てきたことは副産物かもしれません。

開発業務以外の取り組みについて教えて?

Y・Kさん

Y・Kさん

社内イベントで「チームビルディング」という取り組みに幹事メンバーとして参加しました。社内文化の醸成・コミュニケーション活性化などを目的として半期に1回くらいの頻度で行なっているイベントです。テーマ決めから、企画・当日の段取りなども含めて全てやりましたが、参加メンバーが当日は積極的に参加してくれたので、企画側としては嬉しかったですね。
開発部内でいえば、技術交流を目的にDjangoを扱う別企業のエンジニアの方と登壇イベントを2020年2月に企画していました。残念ながらコロナウィルスの影響で中止になってしまったのですが(苦笑)。こういった機会はすごく貴重だし、LHLの技術力のアピールにもなると思うので、今後も積極的にこういった活動には参加していきたいと思います。
オンラインで言えば、技術広報というとすごく大げさですがtechblogなどもやってみたいなぁと個人的にはおもっています。

LHLの開発チームで働く魅力は?

T・Hさん

T・Hさん

イヤフォンして音楽ききながら仕事できるんで。ベンチャーぽいですよね(笑)
いや冗談みたいですけど。やってみたら結構集中できてよかったんですよ、実際に。
他には、開発に集中したい人には集中させるし、開発以外にも採用やPLなどやりたいとメンバーが手を上げれば任せてくれる文化や環境があって、大規模なバックグラウンドのリプレイスなど技術面でも変化や挑戦に寛容なところは本当に魅力だと思いますね。
K・Yさん

K・Yさん

チャレンジできる社風や文化がよいかなと思います。
自身のフロントエンドエンジニアへのキャリアチェンジの時もそうですが、個人の希望や適正をみた働き方の変更については、本当に柔軟なのでとても良いと思います。
そこにつながる部分でいえば、評価基準がしっかりと明確になっているので自分のスキルと貢献できる領域が把握しやすくて長く働く事が可能なキャリアパスが描きやすいと思うので、よいと思います。
Y・Kさん

Y・Kさん

規模がそこまで大きくないというのもありますが、非常に風通しの良い会社なので、マーケティングや営業面でいろんな人や部署と横断的にプロジェクトを推進できます。その過程でSEOやマーケティングの知識やノウハウを業務の中で教わることができました。経営層とも距離がちかいので、色々な話がしやすい環境だと思います。
また、さっきも話がでていたチームビルディングや福利厚生・リモート推進のプロジェクトなど職場環境を良くするためにしっかり動いている会社だな、と思っていて。それをトップダウン的に経営層から課題がおりてくるということでなく、各社員がみなさん主体的に取り組んでいるのは本当によいメンバーが集まっているなと感じます。
LHLでは今もエンジニアの採用を積極的に行なっていますが、主体的に自分から手を上げてくれる人は本当に働きやすいし、自分の意見や主張を積極的に取り入れてくれる土壌のある会社だと思います。僕自身もそういったマインドセットの人と一緒にお互い刺激を受けながら、成長していきたいですね。
インタビュー風景

Join us!!

現在、株式会社LHLでは、サービスのグロースを共にすすめていただけるメンバーを募集中です。
詳細はエントリーページ(別ページに移動します。)よりご確認ください。

ご応募おまちしています!